セルフだと大変!コンクリート工事は業者へお任せ

最新記事一覧

コンクリート業者選定

作業員

業者を選ぶ基準

コンクリート工事は基礎工事や床スラブ又は腰壁などを作る時に打設を行うフレッシュコンクリートを指して言います。 コンクリート工事には選定する業者により作業のやり方が異なります。 コンクリートを打設してから打ち合えるまでに所用する時間が夏場と冬場で異なり夏場で90分冬場で120分以内に打設を終わらせます。 コンクリート打設で選定する業者で最も重要視されるのは業者そのものよりも現場まで生コン車が到着する所要時間が実は最も重要視されます。 これには理由があり、どんなに実力や経験があっても良質なコンクリートを打設する前に到着時間が必要以上にかかってしまった場合コンクリートが硬化してしまい本来の強度を出すことができなくなります。 打設が開始されてからは60センチ以下に振動棒を鉛直に挿れゆっくりと引き抜きます。 これを的確に実施することが出来ないとジャンカやコールドジョイントと言ったコンクリートの強度が低下してしまい本来の品質を確保することが出来なくなります。 コンクリート工事では、ポンプ車とナビゲーター型枠工事左官工事などが密接にか代わりにそれぞれの役割を果たし作業を進行していきます。 回し打ちでコンクリート工事の打設を行いコンクリートをトンボや金鏝などを用いて全体的に仕上げを行なっていきます。 現場管理者の行動1つや判断1つでコンクリート量も多くも少なくもなります。 事前に積算を行い、打設までの流れを事前に打ち合わせしておくことが大切です。